家

体に優しい自然住宅の魅力【今注目の住宅作り】

自然素材で作られた住宅

つみき

体に優しい点

自然住宅とは、自然素材を多く使って作られた住宅のことで、体に優しいことから話題となっています。自然住宅では具体的には、床には無垢の木やコルク、い草の畳などが使われています。そして壁には、漆喰や珪藻土や大理石などが使われているのです。いずれも合成されたものではなく、自然界から取り出したものなので、ホルムアルデヒドなどの有機化合物が含まれていない分、安全なのです。また、断熱性があり熱を通しにくいため、真夏でも室内が暑くなりにくいというメリットもあります。逆に真冬には室温が下がりにくいので、体は冷えからも守られるのです。そして、無垢の木にしても大理石にしても、独特の模様があります。単調な幾何学模様と異なり飽きにくいという点でも、自然住宅は評価されています。

長持ちする点

さらに自然住宅は、大事に扱っていれば長持ちします。ベニヤ板で作られた壁や床の場合、大事に使っていたとしても、10〜20年の使用で張り替えの必要性が生じてきます。ベニヤ板は、薄い板を重ねあわせることで厚くしてあるのですが、その1枚1枚が経年劣化によって剥がれていくからです。ところが、もともと厚みのある無垢の木なら、剥がれていくことはないのです。また、コルクや畳には弾力があるので、上に物を落としたりしても傷がつきにくく、その分やはり長持ちします。そして漆喰や珪藻土には調湿効果があるので、カビや腐食の原因となる湿気が、適度に除去されるのです。長持ちするということは、リフォームの費用がかかりにくいということですから、この点からも自然住宅は注目されています。

人気の秘密とは

インテリア

京阪沿線の住居は関西の大動脈を担う京阪電車の沿線に住むことが出来るので、非常に利便性のある住まいになります。中でも戸建ては広い家を得ることも出来るのでリラックスした住まいになるでしょう。京阪沿線の住まいをお探しなら、まずはこまめに情報を収集しましょう。

安心して暮らせる家

積み木

デザイン性から建材まで、注文住宅は住人の自由になる家です。建設を依頼する業者を良く選んで理想の住まいを建てましょう。機能性を重視して注文住宅を建てたい時は、可動型の扉を取り入れると便利です。福岡で子供を育てている方にとっても選択したい設備なのです。

特定の沿線で家を見つける

住宅

阪和線沿線には、コストパフォーマンスに優れる掘り出し物の戸建てが多く見られます。特に駅から近い戸建ては、便利な生活が期待出来る人気物件です。トイレやバスルームを最新式にリニューアルすると、中古の戸建てでも快適に過ごせます。